2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Weather

  • Weather
無料ブログはココログ

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月17日 (日)

2回戦 6回裏 4(セカンド)の思い出

みなさんの二塁手のイメージってどうですか?

僕の二塁手のイメージは打撃よりもどちらかというと守備の方が得意で打順で言うと2番でバントが上手で言葉で表現すると”いぶし銀”とか”クセ者”とか言われそうな感じのプレイヤー

僕の実際見た事のある仲でそのイメージ通りの守備、バッティング、走塁全てにおいて”嫌らしい”人と言えば(相手にしたくないという意味ですよ)辻発彦選手かなぁーと。

西武黄金時代を陰で支えたプレイヤーだと思います。

他にも古くは土井正三さん(巨人)高木守道さん(中日)篠塚和正さん(巨人)和田豊さん(阪神)正田耕三さん(広島)なんていますけど、僕はやはり辻選手かなぁ”嫌らしい”といえば守っていて、何でもやってきそうな人ってやっぱイヤなんだよねー

神経疲れるって感じでさ

攻撃重視で選ぶならローズ(横浜)っていう手もあるけど僕の二塁手のイメージではないな


野球の面白い所って、チームの点の取り合いではあるけれども、その中にも個人個人の
対決がある訳です。
中には点を取る為に、または点を取られない為に自己犠牲を選ぶ人がいて

一時期巨人がFAで他のチームの四番バッターばっか集めちゃったのあったよね

あれって強かったかね?適材適所っていうか清原にバントやれって言ったってそりゃ無理だろー

26b1

26b2

まだまだこんなに高低差あるんだよね

おまけ

26b3_2

日本一忙しい一輪車の末路(実はタイヤはもうだいぶ前から裂けていました)

p.s
後日、親父がリフォームしてくれた。助かった

2011年4月10日 (日)

2回戦 6回表 4(セカンド)の思い出

話は私の中学時代まで戻ります

田中編集長とは小学生の時はクラスも違ったせいか(2組しかなかったんですが)実はそんなに親しくもなかったんです


が、中学になり同じ1年A組になったとたん馬があいまして(なんで馬なんだろ?)なんか、いろいろなことやった記憶があります


1冊のノートをリレーにして回していたのもこのころかな

自分のプロフィール書いて、それを次の友達にわたして
最近田中編集長のおかげて2/24にFacebookデビューしたんですがFacebookをやっていて、あのころ作っていたノートを思い出しました。なんか似ているなぁと
#いわゆるバトンというのと同じですね(by 編集長)

中学時代自分は野球部に入部しまして、白球を追う生活が始まったわけです
最初は球ひろい。キャッチボールから始まって、先輩とやるトスバッティングなんて緊張しました


打ちやすい所に投げないとなんかニラマレソーデ で、打ち返してきた球をポロポロやっていたらトスバッティングの練習にならないし、でもやはりこの基本が大事なんだなと今になって思います


初めて試合する時チームの技量をみるのに、キャッチボールとトスバッティング見ればだいたいその選手の腕ってわかりますもん。うまい人って本当に柔らかいんですよ、プレイが


そんなこんなで3年生が夏の大会終わって引退して、1,2年の新チームになりまして2年生がすくなかったせいもあって1年からレギュラーになれたんですね。
んで、最初に守ったのがセカンドなんです。やっぱまだ1年生だと遠くげ投げられないからセカンドってファースト近いから1年生には一番守りやすい場所だしね


突き詰めていくと本当はセカンドって難しいポジションなんだけどね
体をひねって逆の方向へ投げないといけない場面が多いから(ゲッツーねらう時など)2年になったらショートへ回ったんだけど、自分にとっては思い出の地セカンドです。



さて、そんな(長い)前振りからグラウンドの方へ話はうつりますが 11/22の作業状況

26a1
まず土を運んだ所

26a2

軽トラでふみ固めます

26a3

逆方向からも ウンショ、ウンショとふみ固めます
こんな軽トラの使い方している人って俺だけ?

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

Twitter

  • グラウンドオーナー
  • ウグイス嬢
  • 編集長

最近のトラックバック